メインイメージ

会社設立で節税

2014-11-27

会社設立で節税をすること


会社設立の節税のメリットとデメリットですが、まず税金、それは所得の税率によって計算が決まります。所得とは収入から経費を引いた額です。所得が300万円以上の場合は対策を練れば会社経営にしたほうが節税効果があります。そして所得が500万円以上なら会社にして対策をすれば50万円から80万円程度のメリットを受けることができます。会社設立にすることによって実現できる具体的な節税対策を見ていきます。

まず役員報酬についてですが、税金の計算は経費をたくさん計上すればする臍所得金額が抑えられますので税金が少なくて住みます。

会社が役員に支払っている報酬は、会社としては経費の扱いですので会社の税金を減らすことになるのです。その一方で社長野人としては給与は所得税があかります。会社が社長に700万円の給与を支払った場合には、給与所得控除200万円を差し引いてから課税されるので、それに実質税率の30パーセントをかけた額の60万円が節税できることになります。

ですから家族を役員になって報酬を支払うことによって損金として計上できて対策になるというわけです。

そのため多くの会社で家族を対象にして役員を立てているのです。これも対策の1つだったのです。そして退職金を支給することもメリットになります。5年以上勤めた人の退職金によって税金の上でのメリットが発生します。退職金の所得税を計算する方法は退職金の額から退職所得控除を控除してその金額をさらに2分の1で、税額は給与所得と比べればとても少なくなります。

また会社設立時に保険を活用して対策を立てることもできます。個人事業では対策としての効果はほとんどありませんが、法人においては保険商品の種類によってはかなり大きな額を節税することになるのです。解約をして支払った保険料の100パーセントが取り戻せる場合に支払った保険料の半分からすべてを経費として計上できるために、よく利用されているのです。

では会社設立の税金対策デメリットもあるのでしょうか。例えば均等割税額は最低7万円ですが赤字だったとしても支払わなくてはいけません。接待交際費は1年間に800万円以上になると損金にすることができません。1年間に800万円以上になると使った分のみ税金が比例して減る効果は受けられませんので注意しましょう。会社設立をこれからする際にどのように税金対策をしていけばいいのかと悩んでいる人は、賢く確実に対策を立てるといいでしょう。