メインイメージ

最近の投稿

会社設立で節税

会社設立で節税をすること


会社設立の節税のメリットとデメリットですが、まず税金、それは所得の税率によって計算が決まります。所得とは収入から経費を引いた額です。所得が300万円以上の場合は対策を練れば会社経営にしたほうが節税効果があります。そして所得が500万円以上なら会社にして対策をすれば50万円から80万円程度のメリットを受けることができます。会社設立にすることによって実現できる具体的な節税対策を見ていきます。

まず役員報酬についてですが、税金の計算は経費をたくさん計上すればする臍所得金額が抑えられますので税金が少なくて住みます。

会社が役員に支払っている報酬は、会社としては経費の扱いですので会社の税金を減らすことになるのです。その一方で社長野人としては給与は所得税があかります。会社が社長に700万円の給与を支払った場合には、給与所得控除200万円を差し引いてから課税されるので、それに実質税率の30パーセントをかけた額の60万円が節税できることになります。

ですから家族を役員になって報酬を支払うことによって損金として計上できて対策になるというわけです。

そのため多くの会社で家族を対象にして役員を立てているのです。これも対策の1つだったのです。そして退職金を支給することもメリットになります。5年以上勤めた人の退職金によって税金の上でのメリットが発生します。退職金の所得税を計算する方法は退職金の額から退職所得控除を控除してその金額をさらに2分の1で、税額は給与所得と比べればとても少なくなります。

また会社設立時に保険を活用して対策を立てることもできます。個人事業では対策としての効果はほとんどありませんが、法人においては保険商品の種類によってはかなり大きな額を節税することになるのです。解約をして支払った保険料の100パーセントが取り戻せる場合に支払った保険料の半分からすべてを経費として計上できるために、よく利用されているのです。

では会社設立の税金対策デメリットもあるのでしょうか。例えば均等割税額は最低7万円ですが赤字だったとしても支払わなくてはいけません。接待交際費は1年間に800万円以上になると損金にすることができません。1年間に800万円以上になると使った分のみ税金が比例して減る効果は受けられませんので注意しましょう。会社設立をこれからする際にどのように税金対策をしていけばいいのかと悩んでいる人は、賢く確実に対策を立てるといいでしょう。

資金調達の注意点

会社設立の時の資金調達の注意点について


会社設立の際にはどんなに規模の小さい会社でも開業資金は必ず必要になりますので資金を用意しておかなければいけませんが、資産などが豊富に有れば無借金で会社設立が行えますので企業経営の上でもかなり負担は軽くなります。

しかし多くの起業家は現在大企業までのし上がった企業でも、開業当時は銀行などから融資を受けて開業資金に充てた企業も少なくありませんので会社設立の際の資金調達力は大きく影響してきます。もし会社設立目的での融資を希望する場合は申請する前に準備する書類も通常のキャッシングよりも比較にならない位の添付書類も必要になり、更に金額が大きくなりますので銀行などの金融機関に将来性を期待させるだけの会社設立である事を明確に説明する必要が有ります。

まず用意しなくてはいけない添付書類としては事業計画書と自分の資金調達力を証明する資産報告書などは必ず必要になり、場合によっては自分で他に経営している会社や親族が経営している会社が有ればその会社の決算報告書が必要になってきます。

これらの書類は黒字決算の会社の決算報告書が数多く有れば金融機関に対しても大きな説得力になりますので、可能な範囲で出来るだけの書類を用意しましょう。しかし決算報告書が無くても申し込みは可能ですので、その時は詳細な事業計画書と資金調達証明書で金融機関を説得できるような適切な説明を行い金融機関に好印象を持ってもらえる様に心がけましょう。

決してやってはいけない事は事業計画書が曖昧な内容だったり、説明の時に事業計画書と異なった説明をしたり資金調達のあてが無い状態で相談に行くと金融機関から確実に将来性は無いと判断されますので、本気で会社設立をしたいと言う誠意を伝える為にも最低限事業計画書の作成に関しては人のまねをするのではなく自分の理念に基づいて事業計画書を作成し、金融機関に対しても事業計画書に沿った内容で正確かつ詳細に説明する必要が有ります。

もし既に会社設立をして開業している状態で融資に行くのであれば金融機関もある程度経営に苦しんでいたり新規事業に乗り出す為に来る事は予想していますので、その時は正確な内容で直近の決算報告書を用意してなおかつこれからの事業計画書を明確な内容で作成し、明確な説明をする事で立て直しの予定や新規事業の将来性を金融機関に伝える事になりますが予想通り経営立て直しの場合の融資は審査結果は期待出来ない事が多いです。