メインイメージ

資本金振込の注意点。

会社設立における資本金振込の注意点。


会社設立を完了させるには色々なものが必要になりますが、中でも特に忘れてはならないのが「資本金」です。

会社設立は「今後運営していく会社」を設立するわけですから、その証明として資本金を振り込まなくてはならないのです。そのため振込という点については会社設立をしたいという人にとって非常に重要になるのですが、それではその注意点としてはどういったことが挙げられるのでしょうか。

まず最初の注意点として「振り込む口座について」です。基本的に振り込む口座として指定されるのは、原則として会社設立の主体である「発起人の口座」です。

会社設立を行う際には併せて銀行口座を用意することも多いのですが、この際にはこの会社専用の口座を利用することはできません。

これはどうしてなのかというと、手続きが完了していない以上、その口座はまだ会社のために使用することができないからです。
そのため基本的には発起人の口座、合同会社の場合には代表社員となる人の口座を使用しなくてはなりません。またこの口座についても郵便貯金の口座は認められておらず、銀行もしくは信用金庫の通帳を利用しなくてはなりません。
次に注意したいのが「ネット銀行の使用」についてです。

最近ではネット銀行が非常に人気になってきており、様々な企業で活用されるようになりました。しかしネット銀行にはデメリットもいくつかあり、中でも問題になるのが「通帳がない」ということです。

基本的に会社設立の手続きでネット銀行を利用する場合には口座の明細をプリントアウトして利用することとなるのですが、適切な知識がないとどの部分を印刷してよいかの判断に迷ってしまいます。

司法書士などに力を借りるのであれば問題ありませんが、そういった場合でないのであれば通常の銀行、信用金庫の口座を利用した方が無難です。

また「支払いのタイミング」についても注意が必要です。タイミングについては手続きの中で明確に規定されており、どれだけ早く資本金が用意できたとしても、振り込むのは定款認証が行われた後にしなくてはなりません。

定款認証が行われた同日でも問題はありませんが、定款認証が行われるよりも先に資本金の振込を完了させていたというのであれば、一度引き落としてから、定款認証を受けた日以降に再度払い込みをしなくてはならなくなるのです。

会社設立において資本金振込は「間違えると致命的になる」というものではないのですが、間違えてしまうと訂正のために余計な手間がかかります。
なるべく効率的に手続きを完了させるためにも、会社設立を行う際には必ず手順を確認しましょう。